中学の同級生に見られたら穴を掘ってブラジルに行きたい

脳脊髄液減少症を再発し、闘病中。「中学の同級生に見られたら穴を掘ってブラジルに行きたい」というのは、最初は精神的なことを書いていたので中学校の同級生に見られたら恥ずかしい内容という意味で付けました。

リア充爆発しろっていう必要ももはやない

 メリークリスマス。かにゃーです。ほぼ寝たきりですけれども、昨日の夜はケンタッキーを食べました。1週間以上前からこれだけが楽しみだったんですよ。でも、30分以下以内で食べ終わって。これで楽しみは お終いになりました。あんなに楽しみにしていたのに、始まるとあっという間に終わりました。あっけなく終わりました。何でですかね 。

しかもちょっと、胃もたれしてるし。運動できないのに、食べるから!

 何年か前の映画で、「舞妓Haan!」という映画がありました。 その時のセリフで 、阿部サダヲさんが 「始まるってことは終わるってことじゃないですか。」というところがありました。

  楽しみなことがあると、いつもこのセリフを思い出します。 旅行やイベントというのは 計画している時が、一番楽しいんですよ。

 あれしよう、これ食べよう。わくわく!、、、って。

 私なんか、旅行中計画通り進めることが目的になって、時々旅行を楽しめなくなることがあります。もう旅行が終わるんだなと思って。

 始まるってことは終わるってことなんだなぁと思って。

  さて、クリスマスについてです。  クリスマスはキリストの生誕祭です 。リア充爆発しろ!日本はキリスト教じゃないから、関係ないじゃん!という人がいます。

 でも、恋人と過ごさないクリスマスに、もうもう言い訳も必要なくなってきたように思います。それが普通になってきた、むしろ、楽しむ風潮が強いように思います。

 居酒屋では、禁愛席が設けられたり、 丸亀製麺では、クリスマス期間の夜なきうどんが半額で発売されたり、商業として利用されています。また、クリスマスに恋人と過ごさない割合が、半分程度になっているとニュースで見ました。恋人と過ごすから、かっこいいという時代はもう終わりに来ているのかもしれません。半分一人で過ごすなら、もうそれは、普通のこと。

 そうなれば、「リア充爆発しろ」と言う必要もないですよね。友達同士で集まる必要も、パーティを開いてSNSにアップする必要もない。一人で過ごすのが普通なのだから、アピールする必要がないから。

 クリスマスっていつが楽しかったって、子どものころが一番良かったです。プレゼントをもらえるのはわくわくしましたし、ケーキだって、今よりずっと嬉しかった。当たり前か。

 ケンタッキーをかじりながら、「子どものためのイベントだな」と考えてしまいました。ちょっと、切ないですが、いつか自分が結婚して子どもが出来たら、クリスマスをちゃんとやろうと思いました。大人になってからのクリスマスの楽しみ方は、それかもと思ったので。

 それでも、もう今日で今年のクリスマスはおしまいなので、back numberの「クリスマスソング」を繰返し流してます。

♪サンタとやらに頼んでも仕方ないよなあ~

ほんとだよな。back numberさんよ。大人になれば、何でも自分次第だよなあ。

 最後にうちの絶妙な顔なサンタを。


f:id:Ka2Nya8:20161225142425j:image