中学の同級生に見られたら穴を掘ってブラジルに行きたい

脳脊髄液減少症を再発し、闘病中。とにかく、言いたい!

怒りから

ふざけんなから呟いてしまう。書いてしまう。

 Twitterで、「あなたの文章は、自己分析のナルシシズムで、つまらない。」という感想がご丁寧に、メッセージで送られてきた。さらにご親切、「この前の文章はひと皮むけたようだ。」などというご感想もそえられていた。

 これに反応しなければそれで終了となるのにも関わらず今になっても腸が煮えくり返っている。怒りの原因は、「お前誰なんだよ!!!」ってことだと思う。「何目線!」「私のお兄ちゃんかよ!」「いや、プロデューサー!」「いや、評論家!」なんにせよ、気に食わん。そんなことを思い、書き出しにしてしまった。うむ、これは相手の手のひらの上で踊っているようにも思うのだが、まあ、良い。せいぜい上手く踊ってやろう。社交ダンスの経験はないけれど。運動神経は悪いけれど。Eダンスアカデミーみてるもんね。

 

 それにしても、私は怒りや、妬みや、苦しさ、そんなものからしか呟いていない。

 なぜか。この理由は簡単に見つかった。それらマイナス感情がないと、「何も思わない。」という境地になるからだ。本当に幸せ、ハッピー!ならば、呟く、書くことなど生まれない。頭の中お花畑だ。ふわふわして、ちょうちょまで飛んでいる。

 逆に何か、不満がある時、その時は、どこかの誰かに分かって欲しい!と思っているから呟いてしまうのだ。こんな経験あるでしょう?こんなやつ、ムカつくでしょう?という風に。

 でも、「ねえ、わかってよ!」とは、恥ずかしくて言えない。直接的すぎるからだ。

 (なにこれ、すっげーだせーな!!)

 書いていて気づいたのだが、ブログを書くという行為は何よりも恥ずかしい。世界中の顔の見えない人々に、自分だけが納得する文章を書いて、「誰にも分かってもらえなくてもいい。」などと口では言っていて、心の奥では「わかってよ!わかるでしょ?」と思っている。

 あー恥ずかしい。恥ずかしい。読んでいる方が冷めていくのがよくわかる。

 だって、これは、共感の強要なのだ。

「病人だから、苦しいのわかるでしょ?」

「病人だから、何も言えないから、こんなこと考えてててもいいでしょ?」

「病人だから、誰かを妬んでも、わかるでしょう?」

 

 それじゃ、だめだ。病人だって懸命に生きている人だっているし、その人たちに失礼だ。もちろん、この気持ちは、 少しずつ良くなって、寝たきりから開放されつつあることもあるけれど、本当はもともと持っていなきゃいけなかったんだ。

 精神的に不安定になって、分かったことがある。それは、結局、誰も全く同じ経験をすることはないのだから、同じつらさを感じることはないということ。そしてそれは、「孤独」なんかではなく、人間として普通のことだということ。

 誰にも苦しさを理解されなくても、楽しく生きていく方法はある。どこかの誰かは、きっとそうやって生きている。明るく生きていこうとしている人がいる。自分の内にばかり向かっているとそういうものは見えてこない。

 分人主義を学んだことで、自分を変えるには付き合う人を変えることだと分かった。今の私は「自分の分人」とばかり付き合っている。しかもそこに、腹立つことを言うやつが入って来る。最悪の流れだ。

 家族や友達、ペットや、テレビや本や新聞やラジオ、何でもいいから話してみる。見てみる。聞いてみる。そうやって、狭い世界を少しずつでも開かなくては、内に内にこもっていくことになる。怒りがわいて、くだらない恥ずかしい記事を書くこととなる。ふざけんな!から書いてしまうのは、上手く自分と付き合うための過程であり、手段だ。

 何のためにブログなんか書いてるのか?と言われたら、やっぱり、しのごの言うためなのだ。というか、それ以外にあるか?有益なハウツーブログで儲けている人なんて極一部でしょう?一億総しのごの社会だ。(「一億総つっこみ社会」って上手いよなあ。)しのごのしのごの言って、自分の怒りを発散している。ほら、書いているうちに浄化されてきたよ。ほら、自己分析のナルシシズムでも悪くない。