読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学の同級生に見られたら穴を掘ってブラジルに行きたい

脳脊髄液減少症を再発し、闘病中。寝たきりだけど、言いたい!

明るいきざし、ブラッドパッチ後に。


f:id:Ka2Nya8:20170426150611j:image

 寝たきりになって、自分はこの世の中に必要のない存在だと思うこともあった。自宅のベッドから動けず、このまま家から出られないんだろうと思っていた。

 しかし、今は最寄り駅まで自力で歩き、少しの間なら電車に乗ることもできるようになった。

 自分は考えていた。現実は、想像を越えることはできないと。今でもその通りだと思う。喜びも、苦しさも、想像しているより、その時に現実に向き合ったときの方が、何倍も心に響く。

 4月に桜が見られたのはとても嬉しかった。嬉しかったとしか言えないのだが、嬉しかった。細かく言うなら、うつうつとした気持ちで昨年から家のベッドで過ごし、どんよりとした空気が自分から発されているように感じる日々が、自分の首をしめていた。

 その日々が、窓を開け、空気を入れ換えると酸欠状態が終わるように少しずつ変わってきたように思う。

 2回目のブラッドパッチの効果と、仕事を辞めたことの精神的余裕と、友達の存在と、それに春が来たことでの暖かさが加わった。

 もう、何のために生きているのかと自分を卑下するのはやめよう。というか、結局のところ、それは誰にも分からない問題で、考えて、自己嫌悪になるのは、あまり意味がないということが分かってきたからだ。もちろん、今までもわかってはいたのだが、実感してきた、という意味で。

 何のために生きているのか?という答えはそれぞれ自ずとどこかで出るのだろう。考えた先の闇の中にあるものではないような気がしている。そのうち分かるか、分からなくても、もう良いのだ。

 私は、もう充分苦しんでいるのだから、これ以上、自分から余計に苦しむ必要はない。この苦しみというのは、誰にでもあるものだけど、比べられるものではないし、その人が苦しい、つらいと思えば、そうなんだと思う。だから、他の誰にも、それを否定できないと思う。

 それで、他の人より苦労したんだから、これから幸せになれるかとか、そういうことも思っていない。他人とは、何においても全然比べられないということが、これも、分かってきたからだ。これはとてもすごい収穫だった。

 幸せや、不幸の量は比べられない。幸せや不幸は量にできないからだ。同じ単位でなければ、比べることはできない。

 逆に、誰とも比べられないというのは、絶対的なところで他人とは、分かりあえないということでもあると思う。とても孤独だが、それが当たり前なら仕方ない。究極的な部分を分かりあえないことを余計に寂しがるより、分かり合えたことを認めるべきだ。

 そうやって、毎日に明るいきざしが見えてきた。