中学の同級生に見られたら穴を掘ってブラジルに行きたい

脳脊髄液減少症を再発し、闘病中。寝たきりだけど、言いたい!

everyで特集

news everyで脳脊髄液減少症が特集されていたようです。

かにゃーです。

エブリーで特集されたと聞いていたのですが、テレビで見逃した!と思ったらネットで公開されていました。

 

every.特集 | news every.−「ミンナが、生きやすく」−

 

http://www.ntv.co.jp/every/feature/20170627.html

every.特集 | news every.−「ミンナが、生きやすく」−

 

 高校生の男の子、私は自分に重ねてしまいました。自分は高校生のころに発症しているのですが、当時学校大好き、部活大好き、だったのにぜんぜん通えなくなって、本当につらかったです。病気がわかるまでは、精神的なものだと言われたのも悔しかった。

 こんなに、高校好きなのに、不登校になるかよ!?って思ってました。

 彼は「一生付き合っていかなきゃいけないかもしれない病気だから。」ということをいっています。それがきちんと言えるのが、えらい。行動し始めているところも、えらい。

 でも、当時のことを思い出すと、そういう考えに至る過程が本当につらかったのではないかと想像しました。

 そういう過程は周りには、見えづらいものだけど、自分にとっては一番大事。

 病気が一進一退なのと同時に、気持ちも常に前向きでいるのは難しいです。それでも何とか前を向こうとする彼に私もやれることからやらないと!と心から思います。

 

 もう一人の女性の方、大学院生で楽しく仲間と話す様子が映っていたのが印象的でした。あそこまで回復して良かった、と思いました。きっと、見えないところで大変なこともあるかもしれないけど、あの時は良かったって。他人なんだけどさ。

 

 ブラッドパッチの様子を映してましたけど、お二方えらい。私はもっと「うぐぅー」とか「あ"ー!」とかうるさかったと思います。あの映像では痛くないように見えるけど、かなり痛いから、お二方えらいわ...。

 

 ...ともかく、私もやれることから始めていきます!